忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/27 18:48 】 |
フリオーソ“まさか”も2着!
フリオーソが地方馬の意地を見せつけて2着に食い込んだ。スタート直後に後手を踏み、まさかの後方からの競馬。さらにスタート直後に待ち構える100メートル以上続く芝の部分で行き脚がつかず、他馬との差が開いていく。だが、鞍上のMデムーロは慌てなかった。

 後方2番手のまま流れに乗って直線へ。大外に持ち出すと、じわじわと伸びて徐々に差を詰める。残り100メートルで5番手まで浮上。そこからが強烈だった。もう1段ギアチェンジして一気に加速。他馬が止まって見えるほどの末脚を発揮し、ゴール前で粘るバーディバーディを首差とらえダートG1・5勝の底力を見せつけた。

 10年川崎記念(2着)以来、2度目のコンビを組んだMデムーロは「芝とダートの切れ目で驚いていたね。それでも最後の100メートルで目覚めてくれた。マイルのこの距離は少し短い気もするが、最後は本当にいい脚を使ってくれた」と興奮気味に振り返った。

 悲願の中央G1タイトルを惜しくも手にできなかった川島正師だが、その表情は明るかった。「スタートがあの位置になったのは仕方ない。最後はいい脚を使ってくれたし、あらためて凄い馬だと思った」とその走りを称えた。

 次走は未定だが、師は「きょうのような競馬ができれば、また中央に挑戦したいと思う」と力強く宣言。暮れのJCダート(12月4日、阪神)では、再び中央の舞台でフリオーソの走りが見られそうだ。
PR
【2012/02/01 13:46 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム |